エンドポイントの選択
エンドポイント:
タイプに属するリソースの検索
?resource .
リソースのプロパティ値検索
リソースのURI:
resourceURI ?property ?value .
検索結果
エンドポイント:
検索内容:
(ラベル圧縮前の検索結果件数:
リンクのクリックはプロパティ値検索を基本とする
クリック時: clicked ?value . ?resource clicked . カスタム
検索結果名:
SPARQL エンドポイント一覧
エンドポイントの登録/更新/抹消
エンドポイント URL:
エンドポイント名:
  メインサイト PrefixBを使用
コメント:
URI パターン:
アクセスキー:

使用中のPCにキー値を保存することを許可する。
プレフィックス:

デフォルトクエリ:
共通設定
タイプ指定述語:
タイプリソース:
クリック時プロパティ1:
クリック時プロパティ2:
ラベルの言語優先順位:
通常ファイルの拡張子:
クエリ タイムアウト:
(ミリ秒)
基本プレフィックス (PrefixA):

共通プレフィックス (PrefixB):

デフォルトクエリ:

リソース検索クエリ:

プロパティ値検索クエリ:

クリック時のカスタムクエリ:

初期状態に戻す:
バックアップ ファイル:
テキストエリア:

SPARQLクエリ エンドポイント:
デフォルトクエリを表示 デフォルトクエリとして登録   XML出力

Navigate RDF () by Hideto Sato