About 佐藤 英人

東京国際大学名誉教授。 若い頃、経済企画庁(現内閣府、経済産業省)の統計課、国民所得部で統計の実務を経験。 その後、大学で統計データベース、知識ベース、オブジェクト指向等の研究・教育に従事。 著書:統計データベースの設計と開発 - データモデルと知識ベースの応用(オーム社)、オブジェクト指向が分かる本(オーム社)など。

JSON-stat関連提案が優秀賞を受賞

総務省及び統計センター主催の「STAT DASHグランプリ2016」において、筆者が提案していました「JSON-statによる統計データ提供フォーマットの共通化」が行政サービス開拓部門で優秀賞を受賞いたしました。関係者の皆様に御礼申し上げます。

この提案はJSON-stat形式でe-Statのデータを提供すると共に、Web上で公開されている統計データ(HTML表、CSV表、Excel表)をJSON-stat形式に変換するサービスを提供することで、すべての統計データを同一フォーマットで利用できるようにしましょうというものです。 続きを読む

JSON-stat Format Viewerの使い方

JSON-stat Format Viewerはjson-stat.orgが提供しているWebアプリケーションです。これはWeb上で公開されているJSON-stat形式の統計データ読み込み、種々の2次元表としてその内容を表示するものです。データのCSVファイルでのダウンロードもサポートしています。本稿ではこのJSON-stat Format Viewerの使い方を解説します。 続きを読む

JSON-statの評価

ここではJSON-statと他の統計データモデルを比較して、JSON-statの特徴を説明します。ベースとする資料はJSON-statの考案者であるX. Badosa氏の国連での講演ですので、多少手前味噌なところがあるかも知れませんが、筆者はかなり妥当なものだと考えています。 続きを読む