JSON-stat Format Viewerの使い方

JSON-stat Format Viewerはjson-stat.orgが提供しているWebアプリケーションです。これはWeb上で公開されているJSON-stat形式の統計データ読み込み、種々の2次元表としてその内容を表示するものです。データのCSVファイルでのダウンロードもサポートしています。本稿ではこのJSON-stat Format Viewerの使い方を解説します。

なお、本稿の「2次元表の表示」までの記述は「JSON-statデータの利用」の記事とほぼ同じです。この記事を既にお読みの方は、この節まで飛ばして、「CSVファイルのダウンロード」以降をご覧下さい。

Viewerの起動

JSON-stat Format ViewerはWebブラウザで http://json-stat.org/format/viewer/ のアドレスにアクセスすると立ち上がり、図1の画面が表示されます。

図1 JSON-stat Format Viewerの初期画面

JSON-statデータの読み込み

Format Viewerでは、入力欄にWeb上で公開されているJSON-statデータのURIを入力して “connect” ボタンを押すことで、JSON-statデータを取得し、表示することができます。なお、URIを入力する代わりに、Samples欄に書かれている5つのリンクのどれかをクリックすることで、サンプルデータのURIを表示させることもできます。ここでは以下のURIにコネクトしてみて下さい。

http://www.satolab.org/js/jsg-samples/pop.stat.json

これは関東地方の都道府県別性別年別人口データをJSON-statで記述したものです。これを呼び出すと図2のようになり、画面の下の方の緑の枠内に統計データのタイトルが表示されます。

図2 JSON-statデータの読み込み

統計表の構成の確認

図2の画面で緑枠内のタイトルをクリックすると、図3のようになります。これはこの統計データの構成を表示しています。赤枠で表示されるものが分類項目(ディメンション、分類軸)で、黒枠が統計表データを表しています。赤枠の分類項目をクリックするとこの項目の値であるカテゴリのラベルが表示されます。例えば「↓性」と書かれた分類項目をクリックすると「総数」「男」「女」という3つのカテゴリが表示されます。

図3 JSON-statデータの構成表示

2次元表の表示

図3で黒枠で書かれている「↓Data」をクリックすると実データの一覧を見ることができます。初期状態では、図4のように、茨城県の年別総人口が表示されました。「Rows & Columns」のオプションを変えることで別のクロス分類表を表示することができます。また、「Filters」の値を変えることで別の条件の2次元表を表示することができます。

図4 実データの表示

Rows(いまは「年」と表示されているのところ)のプルダウンメニューで「都道府県」を選び、Columns(いまは「表章項目」と表示されているのところ)のプルダウンメニューで「性」を選んでみて下さい。図5のように見やすい表を表示することができます。

図5 見やすい2次元表の表示

CSVファイルのダウンロード

図5の画面下部にある「Download as CSV」ボタンを押すとデータをCSVファイル形式でダウンロードすることができます。Windowsでは、CSVファイルのアイコンをダブルクリックするとExcelが立ち上がり、ファイル内容を表形式で表示することができます。しかし、日本語などの2バイト文字を含むとき、図6のように文字化けしてしまいます。

【補足】ブラウザにIEやSafariを使っているときは、この「Download as CSV」ボタンは表示されないようです。Google Chrome または Fire Fox を使うと表示されます。

図6 文字化けしたCSVファイル

これはExcelがBOMのない文字セットUTF-8のファイルを正しく認識できないためです。この問題は、以下の2つの方法のどちらかで対処でき、図7のように正しく読み込むことができます。

  1. sakuraやTeraPadなどのプログラムエディタを使う
    ダウンロードしたファイルをエディタに読み込み、BOM付で保存し直します。これをExcelで読み込みます。
  2. Excelのファイル変換機能を使う
     ダウンロードしたファイルの拡張子を.csvから.txtに変更してから、Excelで読み込みます。テキスト ファイル ウィザードが開きますので、カンマ区切りを指定してウィザードを完了すると正常に読み込むことができます。

図7 正常に読み込めたCSVファイル

2次元表のコピー

図7の統計表は各分類項目と統計観測値(Value)がそれぞれ1列になっているフラットファイル形式のものです。これは一般性がありますが、グラフを書いたり、統計値間の計算をしたりするには不便なフォーマットです。図5の2次元表のままExcelで扱いたいというケースも多いでしょう。

このようなときは図5のFormat Viewerの表示画面で2次元表部分をマウスでドラッグして選択し、コピーして、Excel画面上に貼り付ければ、図8のように2次元表のままのデータのコピーを作ることができます。

図8 Excelに2次元表をコピー

About 佐藤 英人

東京国際大学名誉教授。 若い頃、経済企画庁(現内閣府、経済産業省)の統計課、国民所得部で統計の実務を経験。 その後、大学で統計データベース、知識ベース、オブジェクト指向等の研究・教育に従事。 著書:統計データベースの設計と開発 - データモデルと知識ベースの応用(オーム社)、オブジェクト指向が分かる本(オーム社)など。

コメントを残す

Name and email are required. Your email address will not be published.

キャプチャ * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.