JSON-statデータの公開方法

ここではJSON-stat形式データの公開方法を説明します。以下の2つの方法があります。

  1. APIの戻り値
    データ提供APIの戻り値としてJSON-stat形式データの文字列を返す。
  2. テキストファイル
    JSON-stat形式データのテキストファイルをWeb上で公開する。

Eurostatや英国政府はAPIの戻り値を利用しています。他方、ノルウェー政府はテキストファイルでの配布を使用しています。

簡単なのはテキストファイルとしての配布です。拡張子 .json のファイルとして作成して、ホームページのhtmlファイルと同様に、サーバのドキュメントルートの配下にアップすれば公開できます。

About 佐藤 英人

東京国際大学名誉教授。 若い頃、経済企画庁(現内閣府、経済産業省)の統計課、国民所得部で統計の実務を経験。 その後、大学で統計データベース、知識ベース、オブジェクト指向等の研究・教育に従事。 著書:統計データベースの設計と開発 - データモデルと知識ベースの応用(オーム社)、オブジェクト指向が分かる本(オーム社)など。

コメントを残す

Name and email are required. Your email address will not be published.

キャプチャ * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.